スマホやパソコンを覗き見る

よく配偶者のメールやSNSの内容を勝手に覗き見して浮気をしている事実を知ったという相談者が激増しています。

中には弁護士さんに相談したら確かに浮気をしている可能性が高いと思われるがメールの内容だけでは浮気の証拠としては弱いと言われ、探偵事務所に相談してくる人も増えているのが現状です。

基本的にメールのやり取りで例えば「好きだ」「愛してる」「また抱いて」「また会いたい」等の言葉が繰り返しあったとしても100パーセント不貞の証拠とは言いきれないのです。 冗談でした、お互いにふざけて書いていただけとかの言い逃れをされた場合、それを覆させるだけの証拠も無いのです。

仮にスマホやパソコンに保存されている写真の中に配偶者と浮気相手が裸で抱き合っていたり、お互いが下着などの半裸状態で同じ場所での写真を取り合っていたというものが残されていたなら、十分な浮気の証拠として取り上げられます。 探偵に浮気調査を依頼してもこんな浮気の証拠となる写真は撮れることは絶対にないでしょう。 しかし、こんなことは稀なのです。 ただ洋服を着ていても外での記念写真であっても2人の親しい写真が残されていた場合、浮気相手とのメールにも信憑性が増し、浮気に準じた証拠として取り上げられる場合もあります。

ただやはりメールの内容だけでは余程のことが書かれていない限り前述したように裁判に提出できる証拠としては弱く、どうしようもありません。 結果、きちんと浮気の事実を押さえなければならないのです。 ですから探偵に浮気調査や不倫調査を依頼して浮気の証拠を押さえなければなりません。 メールの内容によっては一度の浮気の事実を押さえることで浮気の継続性の実証にもなりえます。 浮気の継続性とは最近、一度の浮気の事実を押さえたとしても不貞の行為として認められるものの一度の過ちで夫婦関係を破綻として認めてしまってよいのかという方向性になってきているのです。 最近では浮気の継続性を問う審議が多くなってきている傾向のようです。

ところで配偶者のメールやSNSを勝手に覗き見した行動に違法性は無いのでしょうか?

結論から言いますと殆ど違法性を問われることはありません。 過去の判例においても民事裁判では証拠として提出できるようです。

確かに夫婦間においてもプライバシーの保護は認められており、侵害している為に多少の違法性は問われますがしかし、夫婦間においてメールを覗き見した事で相手に重大な過失、いわゆる浮気の証拠となるようなものが得られた場合においては浮気という不法行為の方が重要視され、もしメールを覗き見た事をプライバシー侵害で訴えてもせいぜい3万円前後の慰謝料を支払うことが多く、高くてもせいぜい10万円程度とも言われています。

ただ携帯電話やパソコンにロックがかかっていたらどうでしょう。 思い当たる誕生日や電話番号などの数字を入れてロックが解除できたとします。 そして内容が確認できましたが勝手にロックを解除した行為に違法性はあるのでしょうか?

これも不正アクセス禁止法などに引っかからないという事です。 上記と同じプライバシーの侵害程度だそうです。

しかも夫婦間では不問にされることが多く、その中でもいろいろな状況があるかと思われます。

夫の名義でファミリー携帯として3台契約、妻と子供に1台ずつ持たせていたとします。 その妻が浮気、夫が妻の携帯を覗き見、浮気が発覚、このケースでは殆ど問題なく、プライバシーの侵害にも問えないかもしれません。 逆に同じ状況で嫁が夫の浮気を感じ覗き見、いくら夫の契約であっても夫婦間での事で殆どプライバシーの侵害にも問えず、問えたとしてもかなりの微罪。 それぞれが別に契約していた場合でも、配偶者同士であればこれも殆ど微罪程度ということです。

確かに以前からある法律に他人の封書を勝手に開封したら「信書開封罪」という法律に抵触し違法となります。 当然、夫婦でも同様ですが「正当な理由」もなく、夫宛の手紙を妻が勝手に開けました。 夫婦間において損害賠償だなんて現実的にはまずあり得ません。 余程破綻している状況でない限り、「信書開封罪」で問うことは厳しいみたいです。 警察に行っても刑事事件としてほとんど取り上げてもくれません。 取り上げてくれたとしても不起訴か起訴猶予となるのが殆どです。 民事として訴え、慰謝料を取れたとしても1万円前後の微罪ですので逆に夫婦関係がむしろ疑われるでしょうね。。

最近施行された法律に「不正アクセス禁止法」というのがあります。 これは配偶者や他人に成り代わってネットなどにアクセスする行為を禁止している法律であって覗き見もこれに抵触すると勘違いされている諸兄も多いみたいです。

例えば夫に成り代わり、黙って浮気相手に「嫌いになった、別れたい」などの嘘のメールを送ったとします。 この行為は不正アクセス禁止法に抵触します。

現状、パスワードを勝手に開けて発着信履歴やメール等のSNSの内容を見ただけでは配偶者の場合には殆ど罪に問われないというのが現実のようです。

しかし、いずれ法律が変わるかもしれませんので注意が必要ですので覗き見するなら今が良いかもしれません。 特に夫側に言いたい、絶対的信頼を置いている妻でさえもその実態は判らないという人が多い現実を知るべきなのかもしれません。

その手段として妻のスマホを覗き見する位、妻に興味も持ってみてはいかがですか? そんな興味も既に失せているほとに夫婦関係が破綻していれば別ですが。 また信頼しきっていたとしても夫の信頼を裏切っている妻が増加している現実をもう少し認識してみることも必要かもしれません。 なにもでてこなければこれほどの幸せはないはずです。

もし覗き見て浮気の疑惑が出てきたら早急に探偵事務所に浮気調査の依頼をされる事をお勧めします。