不倫調査でも自分でできる調査って?

自分でできる不倫調査

配偶者が不倫していると感じたら自分自身で不倫調査ができる事があります。

ただし尾行や張り込みなど実働を伴う不倫調査は専門のプロの探偵に任せるべきで自分自身で尾行、張り込みをしてみましょうとは絶対にお勧めいたしません。 いや、絶対にしてはいけません。

理由としては不倫している当事者にとって配偶者である夫や妻の顔は遠くからでもすぐに認識できてしまうという点です。 また駅ビルや大型商業施設に入ってエレベーターを利用したら対象者は先に入りこちらを向いて立っています。 そんな中に一緒に入れますか? エレベーターは絶対に使わないと断言できる環境ですか? また絶対に振り返らないという保証もありません。 もし振り返られたらどうしますか? それだけでも相手に察知されやすいということです。 また尾行や張り込みは絶対に1人では無理ということです。 探偵事務所の優秀なプロの探偵でも決して1人では不倫調査はいたしません。 1人で調査しているのはテレビドラマや映画の中の探偵だけです。 最低でも2人以上のチームを組んで尾行、張り込みをしていきます。 入った先に2カ所以上の出入口があったらどうしますか? それだけ簡単ではないと言うことをまず認識しておいて下さい。 しかも常に証拠である写真やビデオを撮れる体制を取っていなければなりません。 一人ではどうしても限界があります。

では貴方ができる不倫調査とはどういった事でしょう。

まず配偶者の携帯電話をチェックしてみましょう。 相手の携帯電話の中を黙ってみるのは気が引けるという方もおられるかと思いますが相手はそれ以上の裏切り行為をしているかもしれないということです。 しかも疑いのあるから覗き見をむする訳で浮気の疑惑がなければ誰も黙って見る人はいませんよね。 まず発着信履歴を確認してみましょう。 けっこう削除せずに残している人もいます。 頻繁に発信していたり、着信している電話番号をチェックしてみることをです。 時間帯などもこまめにチェックしてみると意外なことが判明することもあります。

次はメールやSNS等の書き込みややり取りを覗き見てみることも重要です。 配偶者は無頓着な人でしたらけっこう不倫に関する情報が満載されているケースも多く、中には尾行、張り込みなど、プロの探偵に依頼しなくても不倫の証拠が得られる場合もあります。

ひとつの例としてはホテルの一室で不倫相手と一緒の裸の写真でも数枚あればこれ以上にない充分な証拠です。 趣味なのか自慢なのか不倫相手と一緒に裸の写真を自撮りして保管している人も希にいます。 これはプロの探偵でも撮影の出来ない動かぬ不倫の証拠として充分すぎるものです。 メールにおいても不倫相手とのやり取りがあれば画像に残しておきましょう。 このメールのやり取りだけでは不倫の証拠となるかと言えば殆どならないと言えますがいろいろな条件が揃えば証拠の一部として取り上げられます。 例えばメールには「好きです」「また会いたい」「愛してる」等と記述されていたとしても冗談で書いていただけと言い逃れができてしまいます。 しかし、ラブホテルに入るなどという決定的な証拠が押さえられなくても、路上でキスをしていた、手を繋いで歩いていた、相手の家で数時間過ごしていた、などの直接、不倫の証拠としては弱い行動が確認されただけであってもメールのやり取りを足すことで冗談では済まされず、不倫と認定されるケースもあるのです。 その為にもある程度の情報は押さえておきましょう。

次にあとの日記の記述にも関係しますが財布の中やポケット、カバンやバックのチェックです。 意外にも領収書などが入っている場合があります。 プリントされる領収書には日付ばかりか時間も記載されています。 飲食店などには人数も記載されている場合があります。 こまめにチェックしてみるとまず行った事ない場所にあるコンビニなどの店舗の領収書が出てきたら意外にも不倫相手の自宅のそばであったりする場合もあります。 またラブホテルの備品であったり、避妊具などが入っているケースもあります。

こういった領収書の類も画像に残しておくことをお勧めします。

またスイカ、イコカ、パスモなどの鉄道カードです。 何か都合をつけて鉄道カードを借りて履歴を印字してみると定期券以外でよく利用している駅が出てくる場合があります。 当然、不倫相手の居住先の最寄り駅である可能性も出てきますのでやはり保管しておくことです。

電車を利用せず、車を利用されている人はナビの検索履歴をチェックする事をお勧めします。 同様に不倫相手を乗せていると感じたら長時間録音できるICレコーダーを隠しておくこともお勧めします。 これはけっこう有効で不倫相手との会話ばかりか時には不貞行為そのものを録音することが出来るかもしれません。 ただし、簡単に見つからない場所に仕掛けなければなりません。 しかも内容を聞いたり、電池を交換したりと常に交換しておかなければなりませんので2個以上を用意しておくことをお勧めします。 その点については探偵事務所でも無料でアドバイスはしております。 お気軽にご相談下さい。

最後に日記的にでも相手についての日常状況をこまめにつけておく。 これは無駄に思えがちですが結構重要になってくるのです。 まず最低でも帰宅時間を毎日控えておく。 決まった曜日に必ず遅くなるという人も結構いるのです。 不倫をするのもこちらの都合ばかりではありません。 不倫相手の都合も当然考えなくてはなりません。

そして出勤した際の服装、下着などもこまめにチェック。 意外と帰宅してきた時と下着が違うというケースもあるのです。 粗相してしまったとか何かの事情で変わることもありますが不倫相手の家に替えの下着がある人もいます。

そして前述した領収書などの画像を添付しておくと見やすく、不倫相手と会っている曜日が意外にも特定出来ることもあるのです。

その曜日を指定して探偵事務所に不倫調査を依頼してみると1日で結果が得られる事もあります。

不倫している配偶者の行動や様子をこまめにチェックしておき、記録しておくことが貴方自身が出来る最大の不倫調査なのです。

↑ PAGE TOP