尾行調査における探偵の失敗とは

尾行調査においての失敗とは対象者に尾行が察知されることと見逃すことが決定的な失敗となります。

<尾行がバレる>

尾行、張り込み等を実施する探偵の尾行調査では絶対にやってはいけない失敗とは尾行が察知される事です。

探偵業界にも「見逃しても絶対にバレるな」という言葉が古くからあるくらいに相手に察知されることは許されない行為となります。 なにしろ尾行がバレてしまったらその後の調査全てが出来なくなってしまいます。

たとえ探偵をいろいろ代えたとしても対象者は後から探偵が来ていると思って行動してきますから追跡はかなり困難となってしまいます。 ですから少しでも察知されかけたり、うしろを気にしたり、周辺を注意している素振りなどおかしな行動が見受けられ始めたら敢えて尾行せずにその日の尾行調査を中断することです。

勇気のいる決断ですがその日を無駄にしても次回のチャンスを得ることです。 尾行がバレてしまうと挽回するチャンスもありません。

確かに探偵が実施する尾行がバレるという事は殆どないですが希にあるのも事実です。

どのような状況でしょうか?

まず依頼者が対象者に対して探偵に依頼するかもしれないという推測を与えてしまう言動があります。 例えば浮気を認めない対象者、口喧嘩となり、売り言葉に買い言葉で「探偵に頼んで調べて浮気の証拠を掴んでやる」と宣言してから探偵に依頼してくる場合です。 その後の対象者はうしろを警戒してしまいます。 特に浮気相手と会うときなどは必至感も伝わってくるほどにピリピリしている人もいます。 また中にはちょっとしたテクニックを駆使して撒こうとしたり、後から来る探偵を見極めようとする行動を取る人もいます。 確かにちょっとしたテクニックを使えば撒くことも特定することも可能でしょう。 何しろどんなプロの探偵でも人がやることですので限界があります。

ちょっとしたテクニックはここでは公開できませんが少し考えれば誰でも出来ることです。 この状況ではどんなに優秀な探偵でも尾行は困難となってしまいます。 しかし、常に警戒しうしろから来る人を特定しようとする行動を実行することはかなりの神経も使い、対象者も精神的、肉体的にかなり疲れるはずです。 この場合には少し時間をおいてから尾行調査をすることをお勧めします。

次に対象者が警戒するのは探偵に調査して貰うと宣言をしなくても「浮気をしている事実」を悟られたと感じたときです。 やはりこの状況も対象者が警戒し始めます。 まず疑いを持った本人が尾行してくるか、友人などに頼んで来るのか、それこそ探偵に依頼したのか疑心暗鬼になっている状況です。 この場合、探偵はチームの人数を増やし対応、尾行調査を実施していきますので、殆どバレる事なく遂行できますが時間を余計に費やしたりと依頼人への負担が増加してしまいます。

もし配偶者や恋人に浮気の疑惑が出てきたら、相手に悟られることなく、普段通りの接し方をしながら探偵に浮気調査を御依頼して下さい。 すると簡単に結果が得られることだと思います。

対象者を見逃す

まず対象者を見逃してしまうという状況はどういったことが考えられるでしょうか?

大きく分けて不可抗力による状況で見逃さざるを得ない状況と完全に探偵の判断や対応ミスによる見逃しです。

一概に不可抗力とはどういったものがあるでしょうか?

・突然タクシーや迎えに来た車の乗られ、後続のタクシーが拾えない。 タクシーの通らない道でたまたま来たタクシーに乗られたり、駅前でも対象者が乗ったタクシーの後に後続のタクシーがなくて乗れないなんてことも。 また迎えに来た車に乗り込まれるケースでは既に待っていたり、駅前でもタクシー乗り場と離れていたりと尾行を継続できない状況です。

・後続のタクシーが拾えたものの運転手がモタモタしていて尾行ができない。 多分、誰もが経験した事があるかと思いますが安全運転モットーのタクシー運転手さん。 後続として乗り込んで追ってくれと頼んだのにモタモタモタモタ。 最悪です。

・駅からバイクや自転車で走り去られる。 電車で移動し駅そばの駐輪場からバイクや自転車に乗り換え走り出る対象者。 探偵も出来る限り走って追いかけますが厳しい結果となることが多いのです。

・対象者の車が黄信号で突っ込まれたり、踏切を強引に行かれ、こちらが赤信号や踏切に引っかかる。 運転される方なら理解して頂けるかもしれませんが探偵が運転する際は多少の信号無視やスピード違反は致します。 しかし、大きな交差点で相手が黄信号で入り、こちらが赤だと既に左右から車が出ており、入れません。 時には警察官に捕まってしまう事もあります。 この際、罰金などは依頼人に請求も出来ません。

・満員のエレベーターに乗られ、探偵が一緒に乗りこめない。 都心の探偵では誰もが経験する苦い見逃しです。 対象者が乗り込んだエレベーターに探偵も乗ったら満員ブザー。 降りざるを得ません。 通常、エレベーター前で待っていれば探偵が強引にでも先乗りをしますが相手に先乗りされた際にこうなると降りざるを得ません。

上記以外にもまだ不可抗力的な状況はありますがこの点は充分にリスクとして理解しておいて貰わないと探偵も大変です。

探偵のミスによる失敗もいろいろあります。 それこそ人混みに紛れて見逃した、尾行して入った施設から出てくるのを見落とした等は完全に探偵の怠慢です。 たまに電車に飛び乗られたなんて言い訳もありますがこれも探偵の怠慢です。 先の状況を見ていれば一緒に走り飛び乗れるはずです。

通常、後払い制の探偵事務所ではこういった探偵による見逃しについては料金を請求しません。 しかし、前払いのところですときっちり料金に含まれ、そのことで料金トラブルに発展することもあるみたいです。

こういった意味からも尾行調査料金後払い制の探偵事務所を選択する事をお勧め致します。 尾行調査に自信があり、誠意があると思われませんか?