浮気調査を依頼する際に

浮気調査を依頼する際に

小説などと違い、探偵の仕事のメインとなるのは浮気調査や素行調査などです。実際、伴侶の浮気証拠をあげたいという方や結婚相手の身辺を調べたいという方などが、毎日のように探偵に調査を依頼していますし、街には依頼を受けた探偵たちが調査活動に勤しんでいます。

ただ、調査を依頼する際は、しっかりと結果を出してくれる探偵に仕事を依頼しなければなりません。探偵の費用は高額であり、確実に結果を残せなければ大金を捨てることになってしまうからです。

そこで、浮気調査を例にとり、どんな探偵に仕事を依頼すれば良いのかということと、調査を依頼する際や依頼中の注意点をご紹介しましょう。まず、探偵選びの際は、ホームページを隅々までチェックすることが肝要です。特に、証拠はどのような形であげてくれるのか、どこまで突っ込んだ調査を行ってくれるのか、ということはしっかりチェックするべきです。

しっかりした探偵事務所なら、動画で証拠を残してくれますし、すぐに裁判所に提出できる形で報告書をまとめてくれます。また、料金体系はしっかりと確認した方が良いでしょう。稀に、有利な結果が出なければ調査費無料などとホームページに記載している探偵事務所もありますが、調査費以外の項目で料金を取られる可能性もあるので、無料相談などで料金の総額を確認してから仕事を依頼することが肝要です。

さて次に、調査を依頼する時と依頼中の注意点についてご紹介します。探偵に浮気調査を依頼する際は、事前に調査対象の行動パターンを確認しておくことが肝要です。先述の通り、探偵を使うと高額な費用がかかります。しかし、依頼前に調査の対象となる人物の行動パターンを把握しておいて調査時間を絞り込めば、無駄な動きを無くして最低限の調査費用で結果を出すことができるのです。

ただ、探偵に調査を依頼した後は、自分で調査の手助けをしようと下手に調査対象を尾行したり、張り込みを行ったりすることは厳禁です。探偵はプロとして計画的に浮気調査を行うわけですから、素人である依頼人の調査活動は役に立つどころか探偵の足を引っ張ることになりかねません。一度プロに調査を依頼したのなら、一切を委ねて調査結果を待つべきです。

このように浮気調査ひとつとっても、探偵に仕事を依頼するのにはコツが要ります。調査結果についても、浮気調査の場合なら浮気相手と調査対象がホテルに入る場面を撮影した写真や動画といった核心的証拠でなければ、本当に裁判で有利な証拠とは呼べないので注意が必要です。探偵に調査を依頼する際は、こうした知識を身につけておくことが肝要なのです。

↑ PAGE TOP